陰部の黒ずみに効果のある美白成分とは?

陰部の黒ずみに効果のある美白成分とは?

陰部の黒ずみを解消するには美白成分が有効ですが、美白効果を持つ成分にはいくつか種類があります。
代表的な成分としては、

 

 

が挙げられます。同じような美白効果は持つとはいえ、もちろん成分によって作用の仕方や成分特徴は異なります。デリケートな部分だけに肌に合う合わないもあります。

 

陰部の黒ずみ美白を効果的に進めるためにも、自身の目的と肌に合う美白成分を選ぶようにしましょう。

ビタミンCは抗酸化作用や美白効果に優れた成分ですが、不安定で成分が壊れやすいという特徴があります。本来、配合時に壊れてしまうビタミンCですが、クリームやローションに配合してもビタミンCが壊れることなく本来の効果を発揮できるよう、ビタミンCを加工し安定化させたものがビタミンC誘導体です。塗布することで、体内での酵素反応によりビタミンCへと変わります。

 

トラネキサム酸の美白効果

ビタミンC誘導体には、抗酸化作用、ターンオーバーを促進する作用、メラニンが作られるのをブロックするシミ予防効果、メラニン色素を還元しできてしまった色素沈着を美白する効果があります。

 

メラニンを作る過程を阻害する(予防)効果と、できてしまったメラニンを薄くする(漂白・還元)効果両方併せ持つことから美白に優れた成分と言えますが、使用には注意が必要です。

 

ビタミンC誘導体には皮脂分泌をコントロールする作用もあるため、もともと乾燥肌気味の人や、そうでなくとも皮膚の薄い場所には、皮脂量が減ってしまい、肌の乾燥や刺激を感じる場合があります。

 

陰部の黒ずみ美白にビタミンC誘導体配合のクリームを使用する場合には、単体使用ではなく、保湿成分が十分配合されたものを選ぶ、もしくはプラスして使用するように心がけましょう。

トラネキサム酸とは、もともと止血目的で医療現場でよく使われていたアミノ酸の一種で、その効果と比較的安全性が高いことから、その他にも血友病や白血病といった治療にも用いられていた成分です。そのトラネキサム酸に、シミを予防や改善する効果があることがわかり、現在では皮膚科での美白治療はもとより、「トランシーノ」などシミ(肝斑)治療内服薬、美白クリームなど幅広く使用されています。

 

トラネキサム酸の美白効果

紫外線を浴びたり、摩擦などの刺激が生じると、肌を守ろうとして、メラニンを作り出す細胞「メラノサイト」からメラニンを作るよう情報伝達物質が流れます。トラネキサム酸は、その情報伝達物質をブロックし、早い段階でメラニン色素の生成を抑えてシミやそばかす、色素沈着ができるのを防いでくれます。

 

また、トラネキサム酸にはメラニン色素の生成を抑えるほか、炎症を抑える効果を併せもちます。更には、ハイドロキノンやビタミンC誘導体といった他の美白成分より刺激が少ないことから、デリケートでありながら、常に摩擦炎症を繰り返している陰部の黒ずみの美白に最適な美白成分とも言えます。そのため、陰部や乳首といったデリケートゾーン用の美白クリームによく配合される成分です。

 

参考:小陰唇の黒ずみ対策に!黒いビラビラに効く美白クリーム集